みかるんの思い出箱

趣味など適当にレポートを

チラシの裏的な

今回はちょっと志向を変えてブログを思いのままに書いていこうと思う。
日本語が変だったり文才もないのでなぐり書きのメモ程度に読んでくれるとありがたい。

まずは日本のリュウと海外リュウの違いを自分的に考察してみる。
やっぱり立ち回りが明らかに違う。
海外のリュウはとにかく攻撃的だ。
どちらかと言えばワンチャン系の立ち回りのように思える。安定感を求めるならDarkshadやLocusは鵜呑みにしない方が良いのだろうか、、(多分そう)(もちろん参考にしてる部分はある)

日本のリュウはちゃんしゅさんやたけらさんなどがいる。とても丁寧な立ち回りで参考になる。確認精度も高い。
自分は結構動画勢みたいなところがあるので国内外問わずリュウの動画で気になるカードがあれば積極的に見る。
ここうめーなーとか、撃墜のシーンを何回もリピートしたり、Locusの笑顔やっぱりいいなぁとか。

次にリュウは単キャラで行けるのかとかいう話。
世間的に言われてるリュウのキツいキャラがクラウド、ディディー、ロゼチコ、ソニックベヨネッタ
※本当は詰めれば5分に近くなるカードがある
強キャラだ。リュウは強キャラに弱いのだ。
それは何故だろうと考えたら、やはり強キャラの中で差し込みが難しい、空中機動力が制御出来ないから着地点が分かりやすく弱い部類だからだ。
盤面での制圧力が他のキャラよりは少し劣る。ただ一発引っ掛けたら破壊できるリュウのプレッシャーは凄まじい。立ち回りの弱さはよく被せられるキャラ対の練度を高め、プレイヤーが強くなって補っていくしかない。プレイヤーが強くなれば難しいキャラの分とても強いキャラなのでついてくれるのはとても良いキャラ。

最後に自分のリュウについて
基本的な練習はオフで対戦してキャラ対の経験を重ねたりしている。基本的に身内にボコられている。パナして勝った時は怒られたりする。
トレモでコンボ練習やミスしやすいセットプレイなどを反復練習 未だに小足昇龍が小足波動になるダッサいリュウです。。。(もっと実戦で状況によって意識配分しとかないといけない。)
もっと真面目に立ち回り固く鍛えて、ジャスガ精度、確認精度も上げて、プレッシャーの掛け方も考えないといけない。
最近は大会の成績が安定してないというか結果が出てないのでこれから忙しくなるがぼちぼち頑張りたいところ。